ビルゲイツがサル痘(天然痘)を予言?これまでの予言を紹介!

ビルゲイツがサル痘(天然痘)を予言?これまでの予言を紹介!

「サル痘」の感染者が欧米を中心に増えているとのニュースが入ってきましたが、そのサル痘の流行をビル・ゲイツが予言していた!?という驚く話が。

ビル・ゲイツ氏と言えば、コロナの流行も予言していたと一時期話題になりました。

そこで今回は、ビルゲイツがサル痘を予言していたというのは本当なのか?

全予言を時系列で紹介していきます!

目次

ビルゲイツがサル痘(天然痘)を予言?

まず、ビルゲイツ氏がサル痘(天然痘)を予言していたという話の出元から。

それは2022年2月にドイツのミュンヘンで開催された安全保障会議でのこの発言です。

「新型コロナウイルスのリスクは減ったが、また次のパンデミックが発生する。新たなパンデミックは、コロナの系統とは異なる病原体を起源とするだろう」

ビルゲイツ氏が発した「異なる病原体」というのが、一部では「天然痘なのではないか?」といった意見も出ていたと言います。

この発言が、本当にビルゲイツ氏の予言だったとしたらすごいことですが、この時点でビルゲイツ氏が何か情報を得ていたのでは?といった見方をしている人もいたようです。

ビルゲイツの予言を時系列で紹介!

これまで数々の予言をしてきて、「当たっている!」と言われているビルゲイツ氏。

どんな発言があったのか、まとめました。

2015年に疫病の流行を予言

2015年、「TED」にて疫病が国境をすり抜けてパンデミックになると発言

⇒2019年からコロナが流行する

この時のスピーチ映像があります。

一千万人以上が命を落とすという発言もありましたが、コロナでは実際に世界で1,500万人以上もの方が亡くなっています。

この数字まで当ててしまうのは、怖いですね。

2021年12月:2022年にコロナが収束すると予言

さらに、ビルゲイツ氏は2022年にコロナが収束することも予言していたといいます。

これが2021年12月時点での話です。

そして、2022年1月には下記のような発言もありました。

「コロナが季節性のインフルエンザと同等の扱いになる可能性がある」と言っていますね。

そして2022年5月現在、まだまだ日々感染者はいるものの、オフラインイベントの開催や、地域を限定しない旅行などもできるようになり、少しずつ以前のような日常を取り戻しつつあります。

2021年:天然痘によるバイオテロの可能性を予言

そして、現在欧米で流行している「サル痘(天然痘)」の話につながる発言がこちらです。

「もし、バイオテロリストが天然痘を10の空港に持ってきたらどうなるだろうか?」

「自然発生の伝染病やバイオテロが引き起こす伝染病があり、今日経験したものよりずっとひどいものになる可能性さえあります。」

ビルゲイツ氏は、このようなことを発言しています。

今回、感染が報告されている「サル痘」は、5月21日時点で12カ国で92人の感染報告があります。

西アフリカや中央アフリカの一部で見られるウイルス感染症が、どうしてこのように広がってしまったのか…。

陰謀論なのでは?というご意見も聞かれました。

ビルゲイツ予言まとめ

今回は、サル痘とビルゲイツ氏の発言について、そして、これまでの予言を時系列にご紹介しました。

コロナの流行と収束、そして新たな感染症の流行を示唆していたビルゲイツ氏。

果たしてこれは予言なのか、それともすでにわかり得ていた情報、陰謀論なのか…。

今後も、ビルゲイツ氏の発言が気になるところですね。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる