2020春ドラマ

探偵由利麟太郎ネタバレ1話~最終回結末とあらすじキャスト視聴率まとめ

探偵由利麟太郎

ドラマ「探偵・由利麟太郎」の1話から最終回までの全話ネタバレ結末とあらすじ・キャスト・視聴率をご紹介します。

吉川晃司さん演じる探偵・由利麟太郎と、由利の助手でミステリー作家志望の青年・三津木俊助が、数々の難事件を解き明かしていく…。

では「探偵・由利麟太郎」のネタバレとあらすじ、キャスト、視聴率の情報を、1話から最終回結末まで随時更新していきますので、ぜひチェックしてみてください!

探偵・由利麟太郎|1話~最終回あらすじ・ネタバレ

2020年6月16日からスタートする「探偵・由利麟太郎」の、1話から最終回のあらすじとネタバレをご紹介します。

1話あらすじ・ネタバレ

 

この投稿をInstagramで見る

 

【公式】探偵 由利麟太郎(@ktvyuri)がシェアした投稿

1話ゲストキャストは、新川優愛さん

由利麟太郎(吉川晃司)は、元捜査一課長の経歴を持つ名探偵。ミステリー作家志望の三津木俊助(志尊淳)を助手に従え、犯罪心理学者として活躍している一方で、警察からの依頼を受け、事件の捜査を手伝っている。

そんな由利のもとに、ある日“花髑髏”と名乗る人物から殺人予告のメールが届く。早速、指定された場所へ向かった由利は、そこで血が滴る冷凍庫を発見。中には、遺伝子研究者として知られる日下瑛造の養女・日下瑠璃子(新川優愛)が全身を縛られ、血を流した状態で閉じ込められていた。

瑠璃子にまだ息があることを確認した由利は、救急車を呼び、冷凍庫の持ち主である日下の屋敷へと急ぐ。そして、瑛造の息子・瑛一の部屋と思われる一室で、致死量に達するほどの大量の血が付着したダウンコートを発見。さらに研究室では、日下が胸に短刀を突き立てられ、無残な姿で見つかる。

由利は、遺体の傍らに不気味に置かれた、血で真っ赤に染まった頭蓋骨が気になり…。

探偵由利麟太郎
ドラマ探偵由利麟太郎1話ネタバレ感想!花髑髏の犯人と巧妙なトリックドラマ「探偵・由利麟太郎」1話のネタバレ感想!花髑髏の犯人とその動機は? 昭和を代表するミステリー作家・横溝正史さんの名探偵シリーズ「由利麟太郎」が吉川晃司さん主演でドラマ化! 1話では、”花髑髏”と名乗る人物から由利に挑戦状が届きます。遺伝子研究者として知られる日下瑛造を殺害したのはいったい誰なのか!? では「探偵・由利麟太郎」1話のネタバレ感想、花髑髏の犯人とその動機をご紹介していきます!...

 

2話あらすじ・ネタバレ

 

この投稿をInstagramで見る

 

【公式】探偵 由利麟太郎(@ktvyuri)がシェアした投稿

2話ゲストキャストは、水上京香さん

祇園のクラブのホステス・吉岡エマ(水上京香)は、“黒い影”に襲われる悪夢に悩まされていた。仕事中や休んでいる時、恋人の五月翔太(赤楚衛二)の腕の中にいるときでさえも…。

“黒い影”は突然目の前に現れ、恐怖で心をむしばまれたエマは、やがて何かにつかれたように意味不明な言動を繰り返し、天井から切り落とされた女の腕が落ちてくる幻覚まで見るようになってしまう。

五月はエマを心配するが、一方で、五月の元恋人で同じホステスの神崎美沙子は、気味が悪いとエマを激しく敵視する。

その頃、学生時代の旧友・井出圭一(尾上寛之)と会っていた三津木(志尊淳)は、道端で放心状態のエマに遭遇する。井出が店の常連客だと知ったエマは、「ドラマのオーディションで連れていかれた洋館で、バスタブの中で死んでいる美沙子を見た」と言うのだが、日ごろから幻覚に悩まされていたエマは、それが現実だという確証が持てない。

由利(吉川晃司)に助けを求めた俊助は、早速洋館の場所を突き止めるが、そこには死体どころか殺人が行われた痕跡も見当たらない。さらに翌日には美沙子が店に来たとママの梶原絹江(山口香緒里)が証言。やはりエマの幻覚だったのか…。

そう思った矢先、洋館のバスタブから美沙子の死体が発見される…!

探偵由利麟太郎
ドラマ探偵由利麟太郎2話ネタバレ感想!連鎖する事件の真相犯人は?ドラマ「探偵・由利麟太郎」2話のネタバレ感想! 2話では、得体の知れない“黒い影”に襲われる悪夢に悩まされている女性が、女性の死体を見たと発言。 当初は信ぴょう性がないと思われていたのですが、本当に女性の死体が発見され、事件は大きく発展していきます! では「探偵・由利麟太郎」2話のネタバレ感想をご紹介します!...

 

3話あらすじ・ネタバレ

 

この投稿をInstagramで見る

 

【公式】探偵 由利麟太郎(@ktvyuri)がシェアした投稿

3話ゲストキャストは、村川絵梨さん&浅利陽介さん

仮装パーティーに出演したモデルの名越優美(村川絵梨)は、香水の美しい小瓶を持ったピエロに遭遇し、その小瓶を手に取る。

そこへやって来たモデル仲間の白川珠喜(島居香奈)にその小瓶を取り上げられてしまったのだが、その直後、優美に代わって香水を浴びた珠喜が突然、けいれんを起こし倒れてしまう!

助けを求めて外へ出た優美とすれ違うようにやってきた俊助(志尊淳)は、偶然にも珠喜が履いていたピンヒールを拾っていて…。行きついた先で亡くなっている珠樹を発見した俊助に殺人容疑がかかってしまう。

帰宅した優美は、パーティーで起きた惨劇を料理研究家志望の夫・恭介(浅利陽介)に話す。恭介は優美をなぐさめようとするが、優美はうんざりした様子で恭介にきつい言葉を浴びせる。

探偵由利麟太郎
ドラマ探偵由利麟太郎3話ネタバレ感想!由利が退職する原因となった事件とは?ドラマ「探偵・由利麟太郎」3話のネタバレ感想! 3話で、なんと三津木が容疑者として逮捕されてしまうことに!いつも隣にいる相棒がいなくなってしまった由利。謎のピエロの正体に迫ります! では「探偵・由利麟太郎」3話のネタバレ感想をご紹介します。...
スポンサードリンク



探偵・由利麟太郎|視聴率

「探偵・由利麟太郎」の各話視聴率はこちらです。(わかり次第、追記いたします。)

話数 放送日 視聴率
1話 6月16日 9.6%
2話 6月23日 6.3%
3話 6月30日
4話 7月7日
5話(最終回) 7月14日
スポンサードリンク



探偵・由利麟太郎|基本情報

  • 番組名:探偵・由利麟太郎
  • 放送開始日:2020年6月16日(火)
  • 放送時間:21:00~21:54
  • 主演:吉川晃司
  • 放送局:関西テレビ系列
  • 公式サイト:https://www.ktv.jp/yuri/
  • 公式ツイッター:@ktvyuri8

ドラマ概要

元警視庁捜査一課長という経歴を持つ由利麟太郎は、とある事件をきっかけに警察を退職。その後、殺人者の行動、心理を分析する“犯罪心理学者”として活躍することに。

一方で、警察からの依頼を受け、事件の捜査を手伝っている由利は、その鋭い洞察力と論理的思考で、事件の謎を解き明かしていきます。

今回は、『花髑髏』『憑かれた女』『殺しのピンヒール』『マーダー・バタフライ(前篇・後篇)』の5話がドラマ化されます。

ドラマ原作

created by Rinker
KADOKAWA
¥880
(2020/09/20 08:59:13時点 Amazon調べ-詳細)

ドラマ「探偵・由利麟太郎」は、昭和を代表するミステリー作家・横溝正史さんの著書「由利麟太郎シリーズ」が原作となっています。

横溝正史さんと言えば、「犬神家の一族」、「八つ墓村」など、名探偵・金田一耕助シリーズの生みの親。ですが、実は金田一よりも前に、「由利麟太郎」という名探偵を誕生させていたことは、あまり知られていないようです。

今回のドラマでは、横溝作品独特のおどろおどろしい、奇怪な殺人事件が描かれます!

ドラマキャスト

  • 由利麟太郎:吉川晃司
  • 三津木俊助:志尊淳
  • 等々力警部:田辺誠一
  • 波田聡美:どんぐり
  • 山岸克平:木本武宏

ドラマスタッフ

  • 脚本:小林弘利
  • プロデューサー:萩原崇 (カンテレ)・森井敦 (東映京都撮影所)・福島一貴 (東映京都撮影所)
  • 演出・プロデュース:木村弥寿彦 (カンテレ)
  • 制作協力:東映京都撮影所
  • 製作著作:カンテレ

ドラマ主題歌

「探偵・由利麟太郎」の主題歌は、主演の吉川晃司さんが歌う『Brave Arrow』と『焚き火』。

この楽曲は、どちらもドラマのために書き下ろされた新曲で、吉川さんは次のようにコメントしています。

「あくまでもドラマに合った曲をという意識で制作にのぞみました。映像作品にプラスの要素をもたらす楽曲でなければ、本末転倒ですから。そこに吉川晃司のイメージは必要ないですよね。あくまでもイメージしていたのは由利麟太郎。ドラマを制作されている方がイメージしている理想の曲の延長線上で、できることならばよりパワーアップできるようにと務めました」

引用元:https://www.ktv.jp/yuri/topics/03.html

吉川晃司さんと言えばロックなイメージが強いですが、今回の楽曲は由利麟太郎のイメージを意識されたとのことで、吉川さんのこのドラマに対する情熱を感じますね。

主題歌にもしっかり注目して、このドラマを楽しみたいと思います。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

テキストのコピーはできません。